齋藤 剛熙君(湘南学園高校卒)

日本大医学部2次合格
東邦大医学部2次合格
金沢医科大2次合格
聖マリアンナ医科大2次合格


「とりあえず言われた通りにやる。」というのを言われた時かなり安心した。

英語、石井先生の授業では英語だけでなく全ての科目の「勉強のしかた」について教わった。例えば、基本的な所では「1日4科目は絶対にやる。」とか「すぐに質問にいく。」、「とりあえず、いわれた通りにやる。」等。特に最後の「とりあえず言われた通りにやる。」というのを言われた時かなり安心した。相当自信がなきゃこんな事言えないと思ったので。そこからは時には考えたりもしたが基本的に言われた通りやった。石井先生の英語に関しては、一番最初にやったH&Bのテキストが今思えばすごい大事だった。受かった先輩は全て覚えてたと聞いたので、ほとんど覚えるくらいまでやり込んだ。それを覚えておくと、ほとんどの構文はスラスラと読めるようになったので、長文を読む速さも正確さも格段に上がった。加えて、音読と写経をこれでもかというほどやる事により出てきた単語も熟語も覚える事ができた。後期(2学期?)のMのテキストは予習=本番というイメージで取り込んでいたので、内容も頭に入ってきたし、それがあったので授業にも積極的に取り組めた。授業も最初は指されたら考えるという感じで受けていたが、だんだん文を読みながら「ここ指されそうだな」とか「どこを石井先生はcheckするのか」とか「みんながひっかかりそうな所はどこかな」とか考えながら授業を聞いていた。だから石井先生と自分の考えが一致した時とかはうれしかった。それにより文の見方も変わったし、問題を先読みする力も身についた。
また、鈴木先生の英文法はかなり楽しかった。先生のキャラも独特だった事もあって授業の内容が記憶に残りやすく瞬間的に文法問題が解けるようになった。
栗原先生の英作文は進みは遅かったけど、その分英語の本質?的な所まで教えてくれたのでかなり広い範囲まで応用できるような内容だった。
朝岡先生は質問対応がすごいよかった。必要ならそこの範囲のプリントをわたしてくれたのでかなり助かった。
丸山先生はとにかくわかりやすい。すいすい理解できるような例を授業に盛り込んでくれて理解しやすくすぐに覚えられた。
数学はまず平野先生。「一学期のstandardのテキストを完璧にしておけば大丈夫」と言ってくれたので、問題見たら解法がすぐに浮かぶようになるまでグルグル回した。夏までにそのテキストがほとんど完璧に近い状態になっていたし、マンツーマンでも授業でも基本がでてきたらどんどん指してくれたから最後まで基本を忘れずに勉強する事ができた。マンスリーテストでも毎回できなかった所をマンツーマンで確認してくれて、ダメな所ははっきりとダメって言ってくれたから謙虚に勉強を続ける事ができた。
後、数学に関してはマンツーマンで早いうちから過去問に取り組み傾向の対策を取る事ができた。
次に、薄先生は僕みたいに理解力があまりない人にもすぐにわかる位優しく教えてくれたし、ノートも色がちゃんときめられていてかなり復習がしやすかった。質問する内容がどんなに基本的な事でも怒らず丁寧に教えてくれるので質問もしやすかった。
啓寿先生は体系的に全てをまとめてくれたから、ひとつわかれば全て解けるようになっていて応用性があった。どんなに難しい問題でも、啓寿先生が説明してくれると簡単に聞こえてしまうという不思議な現象がおきていた。
生物、大森先生はとにかく知識量がすごくて資料集以上の所も質問の時に答えてくれたりしたので、その分野の理解も深まったし、昭和で知識が細かい所が出ても怖じ気づかずにすんだ。また授業中にふいに始まる一問一答はかなり為になった。
緒方先生はここだけやればいいという所を教えてくれたのでムダなく覚える事ができた。最終的にはムダな所も覚えましたが…。
金谷先生は授業の進行が質問形式だったので、わからない分野でも授業をうければ必ずわかるという安心感があった。いろんな先生方のおかげで安心して勉強できたし、力をつけることができました。1年で決めることができてほんとうによかったです。ありがとうございました。