髙橋 友徳 君(桐朋高校卒)

岩手医科大医学部2次合格


自分より下のクラスの人には負けたくないとか、上のクラスに上がりたいと思い、必死になって頑張ることができました。
 僕は理科の選択が物理・生物選択だったこともあり、なかなか予備校にも受け入れてもらえず、そんな中見つけたのが代官山でした。代官山は朝から夜まで授業があり、朝早く起きて夜まで勉強するという習慣を1年を通して続けることができました。代官山は先生も生徒も含め関わりやすい人が多く1年間の間辛かったけど楽しく学ぶことができ、何段階にもクラスが分かれていたことで、自分より下のクラスの人には負けたくないとか、上のクラスに上がりたいと思い、必死になって頑張ることができました。

週に何十個もある授業の中でも、生物の緒方先生や金谷先生、物理の授業やマンツーの英語の授業は特に楽しかったです。緒方先生は要求してくる生物の知識量はとても多いものの、理屈がしっかりとしていてわかりやすく生物を覚えることができ、金谷先生の生物の覚え方は変わっていて、面白く、とても印象深く脳内に残りました。物理の寺澤先生、小澤先生、田山先生は皆タイプが違うものの楽しいうえにわかりやすかったです。英語は入塾当時から苦手で、石井先生を含めたくさんの先生にお世話になりました。夏から、大西先生のマンツーを取り始め、英文の読み方や選択肢の選び方などとてもためになることを学べました。数学は村上先生に相談に乗ってもらったり、プリントをもらったりしてとても感謝しています。代官山で1年間勉強でき、とても充実した浪人生活でした。1年間ありがとうございました。