細川奈於 君(私立武蔵高等学校卒)

代官山MEDICAL合格者獨協医科大2次合格
聖マリアンナ医科大2次合格
岩手医科大医学部2次合格


合格のために自分が行ったことは、ケータイは親との連絡以外使わないこと、毎日日記をつけ、宿題、復習できているかのチェックを行った
 代官山MEDICALに通って良かったこと:
①先生との距離が近く、分からないところをすぐに聞くことができ、アドバイスが聞ける。
②授業のコマ数が多いので大変だったけれど、むしろそのことで自然と1日12時間以上勉強できた。
③1クラスの人数が10人いないくらいなのでアットホーム。
④石井先生が定期的に生徒のモチベーションを上げてくれる。
⑤好きな授業や先生方:英語は石井先生のθ。今まで自分はフィーリングで長文読解を解いていたが、それは間違いであり、もっと論理的に英文を読む方法があることを教わった。また英語の内容だけではなく、過去の代官山生のエピソードや合格への秘訣なども自分にとっては非常に興味深いものだった。あと、岩崎先生には1年間とてもお世話になった。春のさきどりの頃から英文解釈を定期的に見てもらったり、夏や秋のマンツーマンでは英作文を重点的に見てもらったりした。更に直前期にはとても落ち込んでいた時励ましていただいたことはとても大きかった。岩崎先生が居なかったら多分落ちていたと思う。
数学は薄先生と高橋典先生の授業がとても良かった。薄先生はとても分かりやすく、とてもインパクトのある説明なので忘れづらい。数学の知識以外にも人生において大切なことを学んだと思う。典先生はとてもユーモアのある人で授業ではいつも笑いが絶えなかったが、その中で数学の奥深さを教えて下さった。
化学はみんないい先生だったが、特に節田先生と三上先生が良かった。節田先生は授業やマンツーマンの時に質問すると、その質問の内容の理解度が一気に高まる解説を必ずしてくれる。直前期のマンツーマンは試験において化学を得点源にしてくれた。三上先生は覚えなければならない化学の知識を語呂やイメージ、論理によって覚えることの大切さを教えてくれた。
生物では緒方先生は小テストによって強制的に覚えることができた。深瀧先生は授業中に生徒を当てまくるので、理解できてない所が洗いざらいクリアになる。マンツーマンでも暗記にばかり走っていた自分を修正してくれた。
小論文、面接は2学期から高橋先生のマンツーマンをとっていた。小論文では与えられた話題をどのように分析して、議論していくかを教わり、面接は過去に聞かれた内容や今年狙われそうな話題をもとに対策をした。
合格のために自分が行ったことは、ケータイは親との連絡以外使わないこと、毎日日記をつけ、宿題、復習できているかのチェックを行った。